健康院便り
1  2  3  >次  最後
せんせいの便りタブ
2019/06/26
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

人間の体温は37℃前後が身体細胞の新陳代謝が活発で免疫力も高く活動的で殆ど病気もしません。

体温が低くなるほど免疫力が低下しガンをはじめとする沢山の病気の原因になります。

また、筋力や活動力・生活力の低下で自律神経のバランスやホルモンの分泌も乱れ

副腎皮質ホルモンも出なくなりアトピー性皮膚炎などにかかりやすくなります。

女性の場合・下半身(子宮・卵巣・生殖器・膀胱)が冷えると

婦人病や更年期障害が招き妊娠もしにくくなり、さらに

子宮や羊水が冷えると低体温やアレルギー体質の子供が生まれやすいと言われています。

   美建ガイド社  37℃のふしぎ より

 

せんせいの便りタブ
2019/06/25
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

【急いで起き上がらないで!
    よっこいしょ・どっこいしょのかけ声を!】

朝起きるときは急に起き上がらずに、一度うつぶせになってから

手を使って起き上がってください。

急に腹筋を使って起き上がると腰を悪くしやすのでやめましょう。

立ち上がる時等「よっこいしょ」「どっこいしょ」と言って立ち上がりますよね。なんだか年寄りくさいな!と恥ずかしくなってしまう方もいらっしゃいますが、
このかけ声は大事です。

動作をする時に掛け声を出すことで、
「これから動くぞ!筋肉が動くぞ!」と脳に指令がいきます。
かけ声を出すことで、筋肉を動かすという指令と筋肉の動きが伴うので、掛け声なしで動作をするよりも体への負担が減ると言われています

 

せんせいの便りタブ
2019/06/25
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

高ナトリウム血症 血液中のナトリウム濃度が非常に高い状態をいいます。

 高ナトリウム血症は水分の欠乏脱水が関わっています

 塩分多く摂り過ぎたためにナトリウム値が上昇することはそんなにない

 脱水の原因としては、水分の摂取不足、下痢、腎機能障害、利尿薬など様々なものがあります。

 主にのどの渇きを覚えるほか、錯乱や筋肉のひきつり、けいれん発作を起こすことがあります。 

 治療では通常、静脈内に輸液を投与し、血液中のナトリウム濃度をゆっくり低下させます。

高ナトリウム血症では、体内の水分量がナトリウムの量に対して少なすぎる状態になっています。

水分の喪失量がナトリウムの喪失量を上回ると、血液中のナトリウム濃度が異常に高くなります。この病態は脱水で典型的にみられます。

高ナトリウム血症のほとんどは、脱水に起因します。例えば、水分をほとんど摂取しなかったり、嘔吐、下痢、利尿薬の使用、大量の発汗があったりすると、体液が失われ、脱水に陥ります

典型的には、のどの渇きがみられます。

最も深刻な高ナトリウム血症の症状は、脳の機能障害によるものです。

重度の高ナトリウム血症は、錯乱、筋肉のひきつり、けいれん発作、昏睡につながり、死に至ります。

治療では静脈内に希釈液(水と少量のナトリウムを混ぜて濃度を慎重に調整した補液)を投与し血液中のナトリウム濃度をゆっくり低下させる

                                          MSD家庭版より

せんせいの便りタブ
2019/06/24
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

妊娠中は和食に!

牛乳は牛の赤ちゃんが飲む物で

人が飲む物ではありません

牛乳やハンバーグはタンパク質と脂質はたっぷりありますが

ミネラルが不足しがちになります

日本人は牛乳や肉を常食とするのに適した身体ではないんです。

ご飯に味噌汁の日本食をおすすめします。

白砂糖も害になります。

白砂糖を摂りすぎると

カルシウムを消化し赤ちゃんの発育には重大な害を引きお越します。

精製された塩も害になります。

お母さんに食べて欲しくない物

◎牛乳。乳製品・肉類(バター・チーズ・豚肉・鶏肉料理など)

◎油物(天ぷら・揚げ物・炒め物など)

◎歯ごたえのない食べ物(パン・ハンバーグ・スパゲティーなど)

◎添加物食品(ハム・ソーセージ・ビスケットなど)

◎加工品(冷凍餃子・ラーメンなど)

◎アレルギー原因食品(牛乳・卵など)

◎輸入食品(野菜・熱帯果物・冷凍食品など)

◎外食(ファミリーレストラン・ファーストフード・ジャンクフードなど)

◎スポーツドリンク(缶ジュース・コーラ・炭酸飲料など)

◎季節外れの食べ物(冷たい食べ物・冷える食べ物・アイスクリーム・メロン・トマトなど)

 

国内の物を使った「ま・ご・わ・や・さ・し・い」

食生活を!!!!!

ま・・・豆類(いんげん豆・エンドウ豆・小豆・大豆・豆もやしなど)

ご・・・ゴマ・種実類(クルミ・ナッツ・アーモンド・落花生・栗・銀杏など)

わ・・・ワカメ・海藻類(青海苔・岩のり・ひじき・あらめ・モズク・昆布など)

や・・・野菜類(緑黄色野菜)(おくら・かぼちゃ・ブロッコリー・キャベツ・トマト・ナス・ネギ・ピーマン・ほうれんそうなど)

さ・・・魚類(アジ・鰯・さんま・とびうお・サケ・さばなど)

し・・・しいたけ・きのこ類(椎茸・しめじ・まいたけ・マッシュルーム・きくらげなど)

い・・・イモ類・根菜類(さつまいも・ながいも・自然薯・さといも・こんにゃく・にんにく・たまねぎ・ごぼう・にんじん・れんこんなど)

さらに白米を玄米に替えると理想的な栄養バランスになります。

 

アルコール・タバコ・コーヒーは控えましょう!

アルコールの量が多ければ胎児の知恵が遅れたり脳の奇形が発生する危険性があります。

タバコを吸うと胎児の呼吸がはやくなり喫煙によって母体の血液中の酸素供給が不足し

赤ちゃんの脳細胞の成長が遅れるなどの影響が現われる事があります。

コーヒー・紅茶 ココア コーラなどのカフェインや

炭酸飲料の大量摂取 風邪薬 頭痛薬等の家庭常備薬等もいかなる薬も有害!

 

おなかに赤ちゃんがいる間はシャワーはいけません。

大人にはなんでもなくても体温の高い赤ちゃんはさむがっているはずです。

面倒でもゆったりお湯に浸かって温まって下さい。

 

胎内の赤ちゃんには意識がある!

保育園や幼稚園など1~6歳くらいの子供にアンケートした結果

お母さんが赤ちゃんの誕生を心待ちにして頻繁に話しかけていたケースでは

「温かかった」「楽しかった」というポジティブな回答が・・・

反対にお母さんが語りかけなかった場合

「寂しかった」「はやく出たかった」などネガティブな回答が・・・

 

妊娠をストレスと思わないでお腹の赤ちゃんと会話すようにして下さい

妊娠を精一杯楽しみましょう!!      

    赤ちゃんからのメッセージ①妊娠中して欲しいこと して欲しくないこと より抜粋

 

 

せんせいの便りタブ
2019/06/21
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

増田健康院では

LINE@会員を募集しております。

健康に関する情報等

いろいろと発信しております。

LINEを開いてウォレットを開き

コードリーダーから下記のQRコードを読み取って

追加してくださいね(^o^)丿

よろしくお願い致します。

1  2  3  >次  最後
プロフィール

山梨県甲斐市の整体-富士健康院

静岡県沼津市の整体-増田健康院

静岡県御殿場市の整体-長澤健康院

愛知県豊川市の整体-福田健康院

愛知県知多郡東浦町の整体-坂部健康院

最新の記事
月別アーカイブ
・2019年06月(15)
・2019年05月(8)
・2019年04月(10)
・2019年03月(7)
・2019年02月(13)
・2019年01月(12)
・2018年12月(8)
・2018年11月(10)
・2018年10月(7)
・2018年09月(10)
・2018年08月(7)
・2018年07月(15)
・2018年06月(21)
・2018年05月(9)
・2018年04月(8)
・2018年03月(5)
・2018年02月(6)
・2018年01月(11)
・2017年12月(11)
・2017年11月(15)
・2017年10月(9)
・2017年09月(9)
・2017年08月(9)
・2017年07月(10)
・2017年06月(16)
・2017年05月(13)
・2017年04月(11)
・2017年03月(13)
・2017年02月(9)
・2017年01月(10)
・2016年12月(12)
・2016年11月(10)
・2016年10月(8)
・2016年09月(15)
・2016年08月(8)
・2016年07月(15)
・2016年06月(7)
・2016年05月(6)
・2016年04月(10)
・2016年03月(15)
・2016年02月(10)
・2016年01月(15)
・2015年12月(12)
・2015年11月(14)
・2015年10月(16)
・2015年09月(18)
・2015年08月(23)
・2015年07月(17)
・2015年06月(19)
・2015年05月(16)
・2015年04月(11)
・2015年03月(18)
・2015年02月(11)
・2015年01月(14)
・2014年12月(20)
・2014年11月(18)
・2014年10月(22)
・2014年09月(20)
・2014年08月(11)
・2014年07月(18)
・2014年06月(18)
・2014年05月(15)
・2014年04月(11)
・2014年03月(12)
・2014年02月(8)
・2014年01月(16)
・2013年12月(21)
・2013年11月(40)
・2013年10月(52)
・2013年09月(47)
・2013年08月(45)
・2013年07月(45)
・2013年06月(47)
・2013年05月(43)
・2013年04月(48)
・2013年03月(46)
・2013年02月(55)
・2013年01月(68)
・2012年12月(64)
・2012年11月(75)
・2012年10月(82)
・2012年09月(72)
・2012年08月(74)
・2012年07月(74)
・2012年06月(80)
・2012年05月(73)
・2012年04月(80)
・2012年03月(76)
・2012年02月(52)
・2012年01月(43)
・2011年12月(45)
・2011年11月(40)
・2011年10月(44)
・2011年09月(47)
・2011年08月(50)
・2011年07月(43)
・2011年06月(46)
・2011年05月(39)
・2011年04月(46)
・2011年03月(54)
・2011年02月(68)
・2011年01月(59)
・2010年12月(48)
・2010年11月(41)
・2010年10月(32)
・2010年09月(32)
・2010年08月(35)
・2010年07月(40)
・2010年06月(40)
・2010年05月(47)
・2010年04月(39)
・2010年03月(45)
・2010年02月(34)
・2010年01月(20)
カレンダー
< 6月 2019 >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
カテゴリー
タグ
Presented by total body balance