健康院便り
1  2  3  >次  最後
せんせいの便りタブ
2019/12/07
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

一般的に塩を摂り過ぎると体内の塩分濃度を保つ為

に体が水分を蓄えてしまい体重が増える。

これがいわゆる「むくみ」のメカニズム

「体重を落としたければ糖と同時に塩も控えるべき」

これはいまや鉄則のようになっている。

減塩のメリットばかりが強調されている現在の風潮にたいして

予防医学の専門家で医学博士の田中桂氏は警鐘を鳴らす。

「世界保健機関(WHO)のガイドラインでは1日の食塩摂取量は5.0g未満に

抑えるよう推奨されていますが化学的根拠はありません。

「なんとなく」の曖昧なものです。

これは医学の現場を振り返ってみるとわかります。

たとえば入院患者にたいして私達医師はリンゲル液という

点滴を使っています。

リンゲル液には1パック500mlにつき3gもの塩化ナトリウムが

含まれている

通常患者さんにはリンゲル液を1日3~4本打ちます

それだけで塩分摂取量は10g前後

それにも拘わらずなにも問題とされていないのです。

 

口から摂取する塩分は減らせ減らせというのに

点滴からの塩分はがんがん体内に注入している。

結局目標の塩分摂取量などあってないようなものです。」

 

塩分を減らしすぎるのも寿命を縮めてしまう

「慢性的な減塩でナトリウム摂取不足が続くと血液量が減少し結果的に

腎臓から血圧を上げるホルモンが分泌されてしまいます。

腎臓は常に体内の血中ナトリウム濃度をモニターしていて少しでも濃度が下がり続けると

知がたりていないのではないか」と受け取り無理やり血圧をあげてしまいます

つまり塩の摂り過ぎと同じく減塩もまた高血圧を誘発するのです。

さらに塩を摂らないことでミネラル不足

陥り代謝が滞る

その結果体に栄養が行きわたらず衰弱していきます。

 

こんな記事が載っていました。

塩は生きていくなかでとても大事で必要なものです。

天然の自然塩を摂るようにしてください。

http://yuraku-kirara.com/?pid=128905643

せんせいの便りタブ
2019/12/03
富士健康院 飯野脩宜先生 【山梨県甲斐市】

12月の伝筆をイメージしたのですが、

構想がわき上がってこなくて・・・

患者さんのO・S様に

「12月の伝筆は何がいいですかね~」と

尋ねたら、

「たき火はどうですか?」と

答えてくれました。

それをヒントにたき火なら焼き芋だよなぁ

とイメージがわいてきたので、

書いてみました。

いかがでしょうか?

= = =

私は、冬⇒火という連想なんですよ。

最近はやっていませんが、

たき火が大好きです。

火をみていると気分が落ち着きます。

たき火の代わりに今はキャンドル

にはまっています。

せんせいの便りタブ
2019/11/29
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

インフルエンザが出始めているようです。

皆様お気をつけてくださいm(__)m

1基本の手洗い「正しく」「こまめに」「丁寧に」

インフルエンザをはじめ感染症の多くは

手を介して体内に侵入すると言われており「手洗い」がとても重要になってくるのです。

帰宅後や食事前だけでなく外出先や公共機関などで不特定多数の人が触れるようなものに触れた後は可能な限りこまめに行う事が大切です。

2.室内の湿度を50~60%に保つ

ウィルスは比較的乾燥に強いことが知られています。

それに加え乾燥状態が続くと喉や気管支の防御機能が低下するため

ウィルスによる感染が起こりやすくなります。

室内では加湿器を上手に利用し

50~60%の湿度を保つ事が重要で温度は22℃が適切と言われています。

 

 湿度とインフルエンザウイルスの関係(室温22℃)

湿度80%  ⇒   生存率5%

湿度50%  ⇒   生存率4%

湿度20%  ⇒   生存率66%

3.混雑した人混みはできるだけ避ける

当然なことですが、火とが密着しやすい場所ほどウイルスを

他の人からうつされる可能性が上がります。

過去にも漫画喫茶からインフルエンザが利用客全員に感染したという事例もありました

本当に必要な時以外は人の混雑は避けましょう!

4.免疫力アップのためにバランスの良い食事を

体内に侵入してきたウイルスをゲイ対してくれる強い免疫細胞

それは免疫力です。感染予防のためには日頃から免疫力を高める意識が必要です。

方法として良質な睡眠ストレスを溜め込まない事等があげられますが

特に日々のバランスの良い食事を摂る事は成獣用と言えます。

 

【おすすめ食材】

◎調整作用の発酵食品・・・糠漬け・納豆

◎粘膜強化のムチンが豊富・・・山芋・オクラ・なめこ・レンコン

◎体温を上げる食べ物・・・にんにく・しょうが・鶏肉・たまご・根菜類

 

せんせいの便りタブ
2019/11/23
富士健康院 飯野脩宜先生 【山梨県甲斐市】

こんにちは。

先日、長野県松本市で開催された

「骨相のセミナー」に行ってきました。

科学に基づき顔の構造/機能の違いを

理解して、人間関係に応用しましょう。

「心は顔に表れている」の

キャッチフレーズに惹かれ参加しました。

時間を忘れて学ぶことができ、

この学問は実生活に活かせると

実感しているところです。

患者さんの心のケアに役立てていきたいと

思っています。

せんせいの便りタブ
2019/11/16
富士健康院 飯野脩宜先生 【山梨県甲斐市】

職業がら、人の動作に

ついつい目がいってしまいます。

その中でも特に気になるのが、

椅子の座り方、立ち方です。

ほとんどの方が、腰を痛める

動作です・・・

===

少し気をつけるだけで腰痛の予防

ができます。

それは、

お辞儀をする姿勢で、

座ったり立ち上がったりすることです。

その姿勢をすることで、

太ももの筋肉や、腹筋、お尻の筋肉、

インナーマッスルを使うので

下半身が強化され、

腰痛予防だけではなく、後方への

転倒予防にもなりますよ。

ぜひ、お試しあれ!

1  2  3  >次  最後
プロフィール

山梨県甲斐市の整体-富士健康院

静岡県沼津市の整体-増田健康院

静岡県御殿場市の整体-長澤健康院

愛知県豊川市の整体-福田健康院

愛知県知多郡東浦町の整体-坂部健康院

最新の記事
月別アーカイブ
・2019年12月(2)
・2019年11月(7)
・2019年10月(8)
・2019年09月(6)
・2019年08月(12)
・2019年07月(8)
・2019年06月(16)
・2019年05月(8)
・2019年04月(10)
・2019年03月(7)
・2019年02月(13)
・2019年01月(12)
・2018年12月(8)
・2018年11月(10)
・2018年10月(7)
・2018年09月(10)
・2018年08月(7)
・2018年07月(15)
・2018年06月(21)
・2018年05月(9)
・2018年04月(8)
・2018年03月(5)
・2018年02月(6)
・2018年01月(11)
・2017年12月(11)
・2017年11月(15)
・2017年10月(9)
・2017年09月(9)
・2017年08月(9)
・2017年07月(10)
・2017年06月(16)
・2017年05月(13)
・2017年04月(11)
・2017年03月(13)
・2017年02月(9)
・2017年01月(10)
・2016年12月(12)
・2016年11月(10)
・2016年10月(8)
・2016年09月(15)
・2016年08月(8)
・2016年07月(15)
・2016年06月(7)
・2016年05月(6)
・2016年04月(10)
・2016年03月(15)
・2016年02月(10)
・2016年01月(15)
・2015年12月(12)
・2015年11月(14)
・2015年10月(16)
・2015年09月(18)
・2015年08月(23)
・2015年07月(17)
・2015年06月(19)
・2015年05月(16)
・2015年04月(11)
・2015年03月(18)
・2015年02月(11)
・2015年01月(14)
・2014年12月(20)
・2014年11月(18)
・2014年10月(22)
・2014年09月(20)
・2014年08月(11)
・2014年07月(18)
・2014年06月(18)
・2014年05月(15)
・2014年04月(11)
・2014年03月(12)
・2014年02月(8)
・2014年01月(16)
・2013年12月(21)
・2013年11月(40)
・2013年10月(52)
・2013年09月(47)
・2013年08月(45)
・2013年07月(45)
・2013年06月(47)
・2013年05月(43)
・2013年04月(48)
・2013年03月(46)
・2013年02月(55)
・2013年01月(68)
・2012年12月(64)
・2012年11月(75)
・2012年10月(82)
・2012年09月(72)
・2012年08月(74)
・2012年07月(74)
・2012年06月(80)
・2012年05月(73)
・2012年04月(80)
・2012年03月(76)
・2012年02月(52)
・2012年01月(43)
・2011年12月(45)
・2011年11月(40)
・2011年10月(44)
・2011年09月(47)
・2011年08月(50)
・2011年07月(43)
・2011年06月(46)
・2011年05月(39)
・2011年04月(46)
・2011年03月(54)
・2011年02月(68)
・2011年01月(59)
・2010年12月(48)
・2010年11月(41)
・2010年10月(32)
・2010年09月(32)
・2010年08月(35)
・2010年07月(40)
・2010年06月(40)
・2010年05月(47)
・2010年04月(39)
・2010年03月(45)
・2010年02月(34)
・2010年01月(20)
カレンダー
< 12月 2019 >
1234567
891011121314
15
161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリー
タグ
Presented by total body balance