健康院便り
1  2  3  >次  最後
せんせいの便りタブ
2019/11/08
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

こんな記事があったのでご紹介します。

 

「尻ポケットにスマホで精子が死ぬ!!」

昨年1年間で約44万人人口が減った

少子高齢化に悩む日本にとって心配な実験結果がある

身体にスマホを長時間あてていると

”種なし”になってしまいかねない

ラットにスマホから発信される電磁波を長時間あててると

精巣そのものにも損傷を受けることがわかった

この実験は人間にもあてはまるとは限らないが

若者がスマホをお尻のポケットに突っこんで

いるのはごく普通の光景

お尻と精巣は目と鼻の先

これまでもスマホに依存しすぎると

物忘れが激しくなったり

意識が低下する「スマホ脳」という現象は知られていた

一番の原因はスマホから発信される電磁波!!

体に影響を及ぼすことは様々研究で明らかになってきている

今回の実験結果は電磁波が生殖細胞に対しても影響を与えることを示している

電磁波は距離を置けば弱くなるので

スマホをしまっておく場所に気を付ければ大丈夫!

                         週刊新潮より抜粋

なんとも恐ろしい実験結果でした。

携帯の電磁波により身体に悪影響があることが

お分かり頂けたかと思います。

携帯を目覚まし代わりにお使いの方も多いかと思いますが

枕元におくことはせず、できたら、目覚まし時計を使うことをおすすめします。

どうしても携帯目覚ましという方は機内モードにしてお使いください。

または電磁波カットを携帯にはるのも効果的です。

 

せんせいの便りタブ
2019/11/02
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

疲れ目から眼精疲労へ

疲れ目(眼疲労)と眼精疲労は異なり疲れ目は長時間の読書やパソコンやスマホ等で一時的

に疲労感がる状態で休息をとれば治るものです。

眼精疲労の方が重症であり、休息をしても症状が良くならない上、

目の症状以外にも頭痛や吐き気、肩こりや不眠など全身に不調が現われます。

疲れ目のうち予防や改善をすることが大切になってきます。

疲れ目・・・目が疲れる・しょぼしょぼ・眉間が痛い・ピントがあわない

      まぶしい・真がかすむ・目の奥が痛い

               ↓ 悪化すると・・・

眼精疲労・・めまい・頭痛・肩こり・吐き気・こめかみがズキズキ

      眠れないすぐ目が覚める・仕事が手に付かない

 

眼精疲労の主な原因

目の病気や加齢・・・近視・乱視・老眼・白内障やドライアイ等

          目の病気が原因で視力が下がったり

          視野が狭くなります。その時目を凝らしたり意識的にピント

          を合わせるため眼精疲労が起こります。

          眼鏡やコンタクトレンズが自分にあってない場合も疲労をひき起こす

          原因となります。

ストレスなど品的要因・・・過労や人間関係などの精神的なものによっても眼精疲労は引き起こされます。

             ストレスによる体の角の緊張が血流を悪くしたり、目を保護するのに必要な涙の

             分泌量が減ったりして目の疲れを感じるです。

目の使い過ぎや環境・・・私達の目には眼球の位置を調整する外眼筋と、目のレンズである水晶体の厚さを調整する

            毛様体筋などがあります。

            長時間集中して物をみていると目がオーバーワークとなり目の筋肉に疲労が溜まり

            悲鳴を上げている状態になります。

            また、暗すぎる部屋や眩しすぎる環境、近すぎる作業距離エアコンなどによる乾燥等

            様々な環境も眼精疲労の原因となります。

            特にパソコンをよく使う方はVDT症候群に注意が必要です

            VDT症候群とは集中したデータ入力や液晶などの画面を見ながらの作業を

            長時間続けることで目や目からくる様々な症状を引き起こす現代病とも言える病気です。

 ☆眼精疲労チェックしてみましょう!!!!!☆

 

   眼精疲労チェックリスト  5個以上当てはまる方は目が大変疲れている状態です。早めのケアをしましょう!!

     □目が重くだるい □肩こりがひどい □パソコンを毎日長時間使用する □目がかすむ

     □頭が重くだるい感じがする □位場所で読書やスマホを使う □目が乾く □頭痛・偏頭痛を感じる

     □眼鏡やコンタクトレンズの度数を何年も変えていまい □しょぼしょぼする □後頭部・首筋が痛むことがある

     □最近視力が落ちた □頭全体の圧迫感がある □エアコンが効いた乾燥している部屋で過ごすことが多い

     □まぶたが痙攣する □鼻の付け根や額に違和感がある   

せんせいの便りタブ
2019/11/02
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

頸椎硬化症でしびれがあったが施術により

しびれが止まって楽になってきました。

また、初めて波動測定もしてみましたが

思いあたるふしが現われていてビックリです。

身体が健康になる為のアドバイスもして頂け

とても為になりました。

                U様

測定した結果を比較することができるので

ご本人にもわかりやすくなっております。

ご自身で自覚がない箇所(潜在意識)も数値で表されます。

測定結果を元に施術で身体を整え

食に関してのアドバイスもさせて頂いております。

 

せんせいの便りタブ
2019/10/30
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

起きている間、目はずっと忙しく働き続けます。

そのため日頃のケアを怠るとどんどん疲れ目が進んだり、視力が

低下したり白内障やドライアイなどの病気にかかったり目の老化が早まります。

目を労わる習慣を心掛けましょう!!

1.寝ている時だけ目は休める

  私達の身体は眠っている間に傷んでいるところを修復するようにできています。

  目も例外ではなく唯一目を休める事ができる睡眠時間はとても重要

  忙しくても最低6時間はしっかりと休ませ次の日に目を疲れを残さないようにしましょう

  また、就寝前のスマホの操作は目によくない事は勿論、脳が覚醒し、良質な睡眠をとることができません。

2.定期的に遠くのものを見る

  近くを見る時、目の中にあるピントを合わせる為の水晶体やその水晶体を調節する

  毛様体筋が緊張します。この状態が目にとても負担になります。

  反対に遠くを見ると毛様体筋が緩み目をリラックスさせることができます。

  窓の外の空を見たり、定期的に目線を遠くに向けて目の疲労を軽減させましょう!

3.じんわり温めてリフレッシュ

  疲れた目には温めるのが効果的

  疲れた部分に溜まった疲労物質を血行促進して流しましょう

  厚手のフェイスタオルを水に濡らして硬めにしぼり

  ロール状に丸めて電子レンジ600Wで1分ほど温めます。

  やけどに注意しながら広げ40℃程度に冷まして畳んでゆっくり目の上に乗せます。

  ただし目の充血や炎症の場合温めず眼科で受診しましょう。

4.たっぷりの水分補給を

  眼球内の細胞や眼球を動かす筋肉に酸素や栄養を届けるのは血液です。

  ドロドロの血液状態はダイレクトに目に影響し、目のむくみに始まり

  目の病気や視力の低下など様々な不調につながります。

  水分をしっかりと摂ることでサラサラの血液を目の隅々まで行き

  渡らせましょう。

  また、過度の飲酒は脱水を引き起こし喫煙は血液の粘性を高めてしまいます

 

せんせいの便りタブ
2019/10/29
富士健康院 飯野脩宜先生 【山梨県甲斐市】

最近、寒くなってきて

布団からすぐに出られなく

なってる方がそろそろいますか?

= = =

そこで、布団から起き上がる時の

体勢をご紹介します。

起き上がり方を変えるだけで、

腰痛予防になりますよ。

= = =

多くの方が仰向けで寝ていて、

そのまま起き上がるという感じ

だと思います。

まず、

両膝を立てる⇒次に横向きになる⇒

それからうつ伏せになり四つん這いの状態に

⇒そこから、そのまま起きる

これを毎朝、実行するだけで腰痛予防に

役立ちます。

= = =

ぜひ、お試しあれ!

 

 

 

 

1  2  3  >次  最後
プロフィール

山梨県甲斐市の整体-富士健康院

静岡県沼津市の整体-増田健康院

静岡県御殿場市の整体-長澤健康院

愛知県豊川市の整体-福田健康院

愛知県知多郡東浦町の整体-坂部健康院

最新の記事
月別アーカイブ
・2019年11月(3)
・2019年10月(8)
・2019年09月(6)
・2019年08月(12)
・2019年07月(8)
・2019年06月(16)
・2019年05月(8)
・2019年04月(10)
・2019年03月(7)
・2019年02月(13)
・2019年01月(12)
・2018年12月(8)
・2018年11月(10)
・2018年10月(7)
・2018年09月(10)
・2018年08月(7)
・2018年07月(15)
・2018年06月(21)
・2018年05月(9)
・2018年04月(8)
・2018年03月(5)
・2018年02月(6)
・2018年01月(11)
・2017年12月(11)
・2017年11月(15)
・2017年10月(9)
・2017年09月(9)
・2017年08月(9)
・2017年07月(10)
・2017年06月(16)
・2017年05月(13)
・2017年04月(11)
・2017年03月(13)
・2017年02月(9)
・2017年01月(10)
・2016年12月(12)
・2016年11月(10)
・2016年10月(8)
・2016年09月(15)
・2016年08月(8)
・2016年07月(15)
・2016年06月(7)
・2016年05月(6)
・2016年04月(10)
・2016年03月(15)
・2016年02月(10)
・2016年01月(15)
・2015年12月(12)
・2015年11月(14)
・2015年10月(16)
・2015年09月(18)
・2015年08月(23)
・2015年07月(17)
・2015年06月(19)
・2015年05月(16)
・2015年04月(11)
・2015年03月(18)
・2015年02月(11)
・2015年01月(14)
・2014年12月(20)
・2014年11月(18)
・2014年10月(22)
・2014年09月(20)
・2014年08月(11)
・2014年07月(18)
・2014年06月(18)
・2014年05月(15)
・2014年04月(11)
・2014年03月(12)
・2014年02月(8)
・2014年01月(16)
・2013年12月(21)
・2013年11月(40)
・2013年10月(52)
・2013年09月(47)
・2013年08月(45)
・2013年07月(45)
・2013年06月(47)
・2013年05月(43)
・2013年04月(48)
・2013年03月(46)
・2013年02月(55)
・2013年01月(68)
・2012年12月(64)
・2012年11月(75)
・2012年10月(82)
・2012年09月(72)
・2012年08月(74)
・2012年07月(74)
・2012年06月(80)
・2012年05月(73)
・2012年04月(80)
・2012年03月(76)
・2012年02月(52)
・2012年01月(43)
・2011年12月(45)
・2011年11月(40)
・2011年10月(44)
・2011年09月(47)
・2011年08月(50)
・2011年07月(43)
・2011年06月(46)
・2011年05月(39)
・2011年04月(46)
・2011年03月(54)
・2011年02月(68)
・2011年01月(59)
・2010年12月(48)
・2010年11月(41)
・2010年10月(32)
・2010年09月(32)
・2010年08月(35)
・2010年07月(40)
・2010年06月(40)
・2010年05月(47)
・2010年04月(39)
・2010年03月(45)
・2010年02月(34)
・2010年01月(20)
カレンダー
< 11月 2019 >
     12
3456789
101112
13
141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
タグ
Presented by total body balance